オルトウェブデザイン事務所

ホームページ制作会社のありふれた きまぐれ社長日記

ラグビーワールドカップ2019を東大阪は招致できるのか
e0170006_1305822.jpg



さて、2020年の東京オリンピックの前年の2019年にも世界的な大会があります。
ご存じでしょうか。

正直、あまり知ってる人はいないのかな?と思っています。
私自身も良く知りませんでしたし、なんとなく知ってても何年に行われるか記憶はしてませんでした。

前置きはここまでにして・・・
2019年にはラグビーワールドカップがあります。
日本人にしてはあまりラグビーに対して関心はありませんかもしれませんが、東大阪市民はちがいます。
高校ラグビーの聖地である「花園ラグビー場」がありますから。





そして今、ラグビーワールドカップを招致しようと全国で招致合戦が繰り広げられています。
そこに我らが「花園ラグビー場」が名乗り出てるのです。
しかし、会場のキャパや施設の条件でちょっと苦戦してるようです。
しかも花園ラグビー場は東大阪市にありますが実は近畿鉄道の所有物件なんですよね。
だから、招致の条件を満たすために「キャパを大きくして」とか言ってもなかなか東大阪市の思うとおりに行かなかったのでしょうか・・・。
と、思っていた矢先にニュースです。

花園ラグビー場:近鉄が東大阪市に無償譲渡で交渉

結論をいうと花園ラグビー場は東大阪市のものになりそうです。
近鉄側は無償譲渡を提案したようですが結局購入の方向で進む見込みです。
これで、東大阪にラグビーワールドカップを招致するのに一歩近づいたのでは無いでしょうか。

そして、ラグビーワールドカップについて正直いままで見たことはありませんが、実は世界的にはかなり人気があります。
他の競技と比べてもチケット販売枚数だけで言いますと、冬期オリンピック2014ソチ開催よりも売れています。
そして2011年に開催したラグビーワールドカップニュージーランド大会では39億人がテレビを見たとも言われています。日本人口の30倍以上です。

これほど、大きな大会なのにあまり関心が無いのは日本はラグビーがあまり強くないから?

これを機に、野球で発祥の地であると言われたアメリカを負かしたように、ラグビー日本代表も好成績を残してほしいものですね。

2019年にはラグビーワールドカップ2019を東大阪で開催してほしいですね。
[PR]
by alt-web | 2014-10-21 13:04 | その他
<< ラグビーワールドカップ2019... FIFA ワールドカップ201... >>

SEO対策が得意のWEB制作会社の気まぐれ日記
by alt-web
プロフィールを見る
画像一覧

ブログトップ