オルトウェブデザイン事務所

ホームページ制作会社のありふれた きまぐれ社長日記

<   2013年 11月 ( 1 )   > この月の画像一覧
レスポンシブウェブデザイン制作について
みなさん、レスポンシブウェブデザインをご存じでしょうか。

レスポンシブルウェブデザインでは無いようです。
私は、始めレスポンシブルレブデザインと言ってました(笑)
伝わればいいや、という考えていたのですが、ネットを見てると「レスポンシブルウェブデザイン」は間違いだよって内容が多かったので、もう「レスポンシブウェブデザイン」って言うようにしています。

そもそも「レスポンシブ」ってどんな意味やねんということで調べてみましたが、いまいちよくわかりませんでした(笑)
わかったことは「Responsive」と書くようで、直訳すると「敏感な」という意味みたいです。
じゃあ、デバイスやウィンドウサイズによって敏感に反応するウェブデザインの事?
と考えるようにします。(間違ってたらごめんなさい)

で、そこそこレスポンシブウェブデザインが流行りつつあるのですが、なぜこれだけ流行りだしたのでしょうか。

一つ目は、
「なんだか最新っぽいから」
そうです、新しい技術が出ると皆さん使ってみたくなる。作ってみたくなるみたいです。これ大きな要素だと思います。

二つ目は、
「htmlソースをデバイス分作らなくて良いから」
これも大きな理由ですね。

弊社でも現在tokyoサイトでレスポンシブウェブデザイン制作を販売しようとレスポンシブ化しています。

そして、三つ目は、
「SEO対策に有効」、すなわちGoogleに好かれる傾向にあります。
seo対策に有効な理由を三つ考えてみました。

■一つ目
先程も流行ってる理由ということで述べましたが、作られる又はプログラムが吐き出すhtmlは一つであると言うことです。
仮にスマートフォン用サイトを別htmlで制作したとします。
スマートフォン用サイトは別URLになるので、スマートフォンでPCサイトにアクセスした時にはスマートフォン用サイトにリダイレクトを行いようになります。
しかし、ここで「スマホからPC用サイトを見た場合はどのページを見てもスマートフォン用サイトのトップページにリダイレクトすればいいや」と考えてしまいがちです。
けど、Googleからすると間違ったリダイレクトと捉えられるようです。
「スマホからPC用サイトの会社概要ページを見た場合はスマートフォン用サイトの会社概要ページにリダイレクトさせる」というのが正解です。

■二つ目
リダイレクトを使わなければならない環境になれば、リダイレクトミスが増える原因にもなるので、レスポンシブウェブデザインサイト制作を行うことにより、リダイレクトミスのリスクが軽減されます。

■三つ目
違うURLで同じ内容のページがあれば重複コンテンツとみられる可能性がありますが、レスポンシブルウェブデザインで制作すればhtmlファイルは一つなので重複コンテンツを生むことはありません。

しかし一つ注意すべき事があって、やはりスマートフォン用で作成されたソース出なく、デバイスや画面サイズを判断してからcssを宛がうので速度が多少遅くなることがあります。
Googleはサイト表示速度もアルゴリズムに取り入れていますので、サーバーレスポンスのいいサーバー会社を選びましょう。

そして、レスポンシブウェブデザインをすれば検索順位が上がるというわけではありません。SEO対策を成功さすには様々な施策があり、そのうちの一つとしてレスポンシブウェブデザインが注目されているということです。
[PR]
by alt-web | 2013-11-19 12:38 | ビジネス

SEO対策が得意のWEB制作会社の気まぐれ日記
by alt-web
プロフィールを見る
画像一覧

ブログトップ